男の人

命を脅かす恐ろしい病|脳梗塞の症状に気付いたら即受診を

このエントリーをはてなブックマークに追加

内科の受診が基本

女性

内科を受診しましょう

体調がすぐれないけれど具体的にどこが悪いのかうまく説明できないときは、受診する科の選択に迷ってしまう場合もあります。そのような場合は内科で相談するとよいでしょう。そもそも医学は内科学を基本としています。そのため内科ではすべての体調不良を扱うことが基本となっており、問診から検査方法に至るまで充実している点が特徴となっています。このように内科は病院のスクリーニング機関としての役割を果たしているため、患者が具体的にどこが悪いのかうまく説明できない場合でも様々な方法で体調不良の原因を究明してくれます。とくに高齢者や子供の場合は病院でうまく説明できない場合が珍しくありません。そのため家族に高齢者や子供がいる家庭の場合は内科の受診を基本にするといいでしょう。

様々な科が連携しています

平野区の病院では内科を通じて様々な診療科と連携しながら治療を行っています。内科での検査を通じて異常がみられる場合にはすぐに最適な科へと紹介を行ってくれるので、初めての受診であってもすぐに最善の治療が受けられます。また平野区の病院では専門の科で治療が終了し経過観察を行いながら治療を続ける場合には、様々な検査を総合して受けることができる内科で治療を続けることができる体制も整えています。平野区の病院のこのような体制は糖尿病や腎臓病のように症状が慢性的に経過し、体の様々な場所に症状が現れる病気の治療に効果的となっています。平野区に住んでいる方で病院でどの科を受診すればよいのか迷った場合は、まずは内科を受診して診察を受けるようにしましょう。